認知症サポーター


「認知症になっても安心して暮らし続けて行くまちづくり」をめざして、主に下の3つをふまえてさり気ない支援をする人です。

  • 認知症を正しく理解する
  • 認知症の人や家族を温かく見守る応援者になる
  • 自分のできる範囲で活動する

たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。

また、認知症サポーターは認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)が支給されます。この「オレンジリング」が連係の「目印」です!

そして、サポーターの中から地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されています。

 

※ロバのキャラクターは、認知症サポーターキャラバンのマスコットキャラクター「ロバ隊長」です
認知症になっても安心して暮らせるまちづくりへの道のりの先頭を歩いています。ロバのように急がず、しかし一歩一歩着実に進んでいきます。(キャラバンメイト養成研修テキストより引用)

 

板橋区内の「高齢者あんしん協力店」

認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに賛同する、事業所向け認知症サポーター養成講座を終了されたサポーターがいる事業所です。

事業所として何か特別な対応をするわけではなく、認知症の人が事業所に来られた時、暖かい目で見守りながら、優しい対応をするというものです。

事業所リストは、板橋区サイト「高齢者あんしん協力店」をご覧ください。

※高齢者あんしん協力店の目印は下のステッカーです

 

どうやってなるの?

キャラバン・メイトが講師をする「認知症サポーター養成講座」を受けると「認知症サポーター」になれます。区内にお住まいかお務めの方は受講無料です。

当団体では「認知症になっても安心して暮らし続けて行くまちづくり」をめざして認知症サポーター養成講座を開催しています。

※当団体キャラバン・メイト(赤塚:田村憲彦、南常盤台:高橋勉、東山町:加藤聖子、高島平:中谷好之)

 

認知症サポーターになりたい方へ

※認知症サポーターやキャラバンメイトの本部機能は、全国キャラバン・メイト連絡協議会にあります。詳しくは「認知症サポーターキャラバン」サイトをご覧ください。